本当の価値って何?知らないと損!

宝石の価値はどうやって決まるのか

宝石と言えば真っ先にダイアモンドを思い出す人も多いでしょう。ダイアモンドは宝石の中でも価値があるものと言われているからです。では、ダイアモンドは必ず価値が高いのでしょうか。 実は、宝石の価値は種類で決まることもありますが、それだけで価値が決まるわけではありません。例えば、原産地です。アフリカで取れたダイアモンドと日本の島で取れたダイアモンドはどちらが価値があるといえば、日本ではないでしょうか。なぜなら、滅多にとることができないからです。また、色合いなども重要になります。ダイアモンドでも色合いが悪い物は、エメラルドの色合いが良い物よりも価値が下がってしまいます。 さらにカットも重要で、カットした形が良いもの程高価になります。

買取りをする場合に知っておきたいこと

買取りをする場合には、本当の価値を知ることになります。例えば、母親からもらった指輪などに宝石がついていて、その価値が高いかどうかわからなかったので、買取り業者に査定をしてもらったところ、余り芳しくない額のこともあります。最悪の時には買取り不可能と言われることになり、ショックを受けることもあるでしょう。 宝石を売却する時には、ブランド物の服のように、時期によってそれほど価値は変わりませんが、石の持っている本当の価値のみが純粋に評価されると言っても過言ではありません。せっかくカットがいいのに、傷つけてしまった場合は価値が落ちるので気を付けましょう。買取りショップで価格が変わるとすれば決算期です。決算期の場合には少し価格の変動が起こる可能性があります。